家族葬で故人とお別れする|最後の時間をじっくりと過ごす

ニュース一覧

種類と特徴

数珠

近年増えている形とは

人が死ぬのは必然であるため、必然的に葬儀も発生します。ふじみ野でも毎日どこかて葬儀が行われています。ふじみ野で行われる葬儀の種類は大きく分けて三種類に分けられます。ふじみ野で最も多く執り行われているのが一般葬と呼ばれている種類です。家族、親族に加えて会社の人や友人知人、近所の人など幅広い参列者があり、通夜、葬式、精進落としと進みます。精進落としの場では会食があり、香典返しをすることも多いです。費用平均は200万円前後です。近年全国的に増加傾向にあり、ふじみ野でも増えてきているのが家族葬という葬儀形態です。その名の通り家族や親族といったごく身近な人だけで行う葬儀で、精進落としなども行わないことがあります。密葬と異なるのは、葬儀をすることはあらかじめ周知しておきますが、周知した上で参列を遠慮してもらうという点が異なります。費用平均は100万円程度です。会社の重役などが亡くなった場合に行われるのが社葬、合同葬です。合同葬とは、会社と遺族が合同して行う葬儀という意味です。社葬の場合は会社がメインとなることが多く、遺族がどの程度まで参与するかによって微妙に呼び名が変わります。会社関係の人から取引先まで幅広く大勢の参列者があるため、費用も高めです。会社規模により費用はかなり差があり、300万円を越えることもあります。普通の人ならば一般葬か家族葬が選択肢となります。どのように最期をおくってほしいか考えて生前に相談する人も増えています。